BLエロ小説・18禁イラストサイト

Dayxboys

奴隷・調教(SM)

弱みを握られてお尻の快感を知った少年

「もういいだろっ? これで」
お尻の中に同級生のペニスをくわえこんだ少年が、震えた声を出した。
先生のいない保健室の中に聞こえる、3つの荒い息遣い。
少年は3人とも裸だった。
このうち一人は不良少年。
しかし騎乗位の女役をしているのは、他ならぬ彼だった。
弱みを握られたのだ。
「いいから、早く腰振れって」
背後から聞こえるその声に、彼は逆らうことができない。
この少年に初めてアナルセックスを仕込まれたのは昨日。
脅しに屈したために、彼のお尻は性器に変えられた。
(どうせ逆らえないんだ……それなら……っ)
そう思った彼は、甘い声をもらしながらお尻の穴をキュウキュウすぼめて、快楽をむさぼり始める。
「おっ、一心不乱に腰を振りだすなんて、そんなに気持ちがいいのか?」
感じている姿を指摘された恥ずかしさに、顔がどんどん熱くなってきた。
聞こえないふりをしていても、卑猥な言葉が後ろから飛んでくる。
彼はあまりの気持ち良さに、腰を止められなくなっていた。
(ああっ気持ちいいっ、気持ちいいよぅ……!)
お尻の穴から得られる快感で、いつの間にか頭の中がいっぱいに満たされている。
見下していたはずの同級生のペニスを、彼はお尻の中に進んで受け入れていた。
いやそれどころか、ぐぷぐぷぬちゃぬちゃといやらしい音を立てて、犯されることを悦んでいる。
やがて少年は、男役の少年とともに「あんあん」喘ぎ始めた。
まるで動物同士のセックスのように、ただひたすら快楽を求めて腰を動かした。
ベッドはぎしぎしと軋み、呼吸音は荒く聞こえる。
彼は涎を流しながら、たえきれずに絶頂した。
「あっもっ、だめぇぇっ……! あっああ―――っ!」

弱みを握られてお尻の快感を知った少年のイラスト(断面図なし)

同級生に騎乗位する不良少年(断面図あり差分

クリックで画像を拡大。(18禁)

-奴隷・調教(SM)
-, , , , ,

Copyright© Dayxboys , 2019 All Rights Reserved.